賃貸 マンション 

  

削減ができる

マンション

賃貸マンション選びの観点として家賃の安さが最も焦点を当てられる傾向が強かったのに対し、最近では初期費用に注目することが増えてきています。交渉に際して引き下げを行いやすいのが家賃よりも初期費用であることが認識されて来たからです。 これに伴った賃貸マンションの初期費用として通常請求される仲介手数料、敷金、礼金に関して無料となる傾向が生まれてきています。特に礼金は賃貸マンションが不足気味であった時代の名残ということもあり、今後は無料が原則という傾向が生まれていくでしょう。また、法律上は仲介手数料も借主が負担するのは家賃の半月分というのが原則であることから、一ヶ月分を要求している不動産会社も半月分以下にするように変わっていくと予想されます。

全体的な引き下げが起こってきている初期費用の交渉を行う際には注意点があります。それは仲介手数料の引き下げに関することです。 賃貸マンションを借りる際には不動産会社の力を借りることが不可欠ですが、様々にかかる費用の中で、不動産会社の収入となるのは仲介手数料のみです。そのため、執拗に仲介手数料の引き下げを求める交渉を行うのは印象を悪くしてしまうことにつながってしまいます。契約を結んだ後も、管理会社としてかかわり合いを持つこともよくあることなので、良い関係を保つためにも交渉に際して仲介手数料については深入りをしすぎないのが懸命な判断であると言えるでしょう。家賃の目減りも仲介手数料の減少につながることから、初期費用に注目するのはよい視点なのです。